協議会へのお問い合わせ
申請のフロー
どんな活動をしてるの?
携帯サイトQRコード

協議会インフォメーション

近畿八府県市自動車環境対策協議会



近畿八府県市自動車環境対策協議会


名称 近畿八府県市自動車環境対策協議会
担 当 事務局 (神戸市環境局 環境保全部 交通環境係(平成28年度))
概要 近畿の8府県市(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、京都市、大阪市、堺市、神戸市)で構成する「近畿八府県市自動車環境対策協議会」では、自動車排出ガスによる大気汚染を防止するため、低公害車及び低排出ガス車の普及や啓発活動など、近畿における広域的な自動車排出ガス対策を行っています。
その一環として、市販されているガソリン車やディーゼル車の中でも、特に窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)等の排出ガス量がより低減されている車を「LEV-7(レブ・セブン)」として指定し、環境にやさしい低排出ガス車としてその普及促進を図ってきました。
今般、国による自動車排出ガス規制の強化(ポスト新長期規制)が平成21年10月より順次開始されたことや国の低排出ガス車認定制度の拡充等により、平成21年7月31日のLEV-7指定をもって最後の指定といたしました。

(注) 国土交通省低排出ガス車認定実施要領に基づき認定された自動車は、LEV-7とみなす。
LEV - Low Emission Vehicle (排出ガス量の少ない自動車)

 

グリーン配送共同宣言

京阪神六府県市自動車排出ガス対策協議会(現:近畿八府県市自動車環境対策協議会)では、自動車に起因する大気汚染の改善を図るため、広域的な課題に共同で取り組んできましたが、車輌の大型化やディーゼル車の走行量の増加等により、窒素酸化物や粒子状物質等、都市部における大気汚染は依然として厳しい状況にあります。 そこで、当協議会は、平成13年6月に、自動車排出ガス対策を推進するため、構成各府県市において、購入物等の配送に際して環境負荷の少ない車輌の使用を納入業者等に求めていく「グリーン配送」を率先して進めることを宣言しました。この取組みが、より低公害な車の普及を促進し、自動車排出ガス等の削減に資するものとなるよう、その拡大に努めます。

近畿八府県市自動車環境対策協議会
京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、京都市、大阪市、堺市、神戸市 

連絡先はこちらから