協議会へのお問い合わせ
申請のフロー
どんな活動をしてるの?
携帯サイトQRコード

協議会インフォメーション

次世代自動車について

天然ガス自動車

天然ガス自動車は家庭に供給されている都市ガスの原料の天然ガスを燃料として走る自動車です。

低燃費LPGタクシー

LPG(LPG=液化石油ガス)を燃料とした車体です。
低燃費LPG車は従来のLPG車と比較しても走行距離が伸び、 排出ガスも以前と比べ減少しより環境に配慮した燃料車です。

電気自動車

電気自動車はバッテリー(蓄電池)に蓄えた電気でモータを回転させて走る自動車です。
大容量のリチウム電池を搭載し、 小型高性能モーターによる走行で騒音や排気ガスもありません。

燃料電池バス

燃料電池を搭載した車です。仕組みとしては 水素と空気中の酸素の反応で発電し、走行します。 排気も水だけで騒音や振動もない環境に優しい車両です。

DMEトラック

液化した燃料容器に充填したディエティルメーテルを燃料とする車両です。 窒素酸化物は新長期排出ガス規制値の1/20で、 粒子状物質はほぼゼロです。

IPTハイブリッドバス

停車時に非接触でバッテリーに充電できるのが特徴です。 電気を使っての純粋なモーター走行と 電気モーターと内燃機関の併用でハイブリッド走行との併用で 排出ガスとCO2を減らすことが可能です。

FTDトラック

天然ガスとバイオマスで作られるFTD=合成軽油を使用した車両です。
従来の軽油と比べて排出される粒子状物質(PM)が大幅に低減することができます。