協議会へのお問い合わせ
申請のフロー
どんな活動をしてるの?
携帯サイトQRコード

協議会インフォメーション

環境問題とトラック輸送

物流は経済活動や日常生活に重要な位置を占め、中でもトラック輸送は物流の根幹をなしています。しかし近年自動車排気ガスに含まれる二酸化炭素や窒素酸化物、粒子状物質等が健康や環境に悪影響を及ぼすということで車種規制・通行規制が法律や条令で定められるようになり、環境対策は喫緊の課題であります。

このため国や地方公共団体ではCNG車等の低公害車導入やDPF等の装着に対して補助を行っています。また低公害車導入にあたって低利子融資等の支援を行っている自治体もあります。

自動車に係る環境問題はエリア的視点の地域環境、グローバル的視点の地球環境、そしてエネルギー問題に分けられます。

環境にやさしい自動車の開発・導入・普及を目指して平成13年に政府主導のもと「低公害車開発普及促進アクションプラン」を策定し、2010年度までのできるだけ早い時期に低公害車1,000万台の普及を目指して取り組んでいます。
物流効率化についてもモーダルシフト(鉄道・内航船の活用)や物流アウトソーシング(物流部門を専門事業者に委託)、共同輸配送の推進等を通じて物流の効率化を促し、1台でも幹線道路の交通量を削減し環境改善に寄与することを目指しています。